和食

食事療法で憎っくき腎臓病を体内から排除しよう

CKDのひとへ

老人男性

慢性腎臓病の治療と言うと、薬物療法と言うイメージを持っている人も多いでしょう。確かに、薬物療法も大事です。ですが、食事療法も侮ってはいけません。薬物療法と食事療法を行うことで、病気の進行をより遅らせることができます。

もっと読む

腎臓に良い食事

笑顔の女性

腎臓病が悪化すると体のいたるところに悪影響を及ぼします。腎臓病は悪化する前に医師の指示のもと、薬物療法と食事療法に取り組むことが大切です。食事療法では、塩分摂取量を減らすこと、たんぱく質摂取量を減らすこと、十分なカロリーを摂取することが大切です。

もっと読む

病気の食事は通販で

食事

安全な食事ができる

腎臓病になると、病気の進行を遅らせるため食事療法をする必要が出てきます。またすでに病気が進行していて透析しなくてはいけなくなっていたら、なおさら厳密な食事管理をしなくてはいけないはずです。でも腎臓病の食事療法は、一人一人摂取していい塩分やたんぱく質の摂取量が違います。もしそれを素人の方がいきなり作らなくてはいけないとなったら、かなりの手間をかけなくてはいけなくなるでしょう。とはいえ最近は腎臓病用の食事療法が通販で手に入るので、それを利用して調理の手間を省くということもできます。このタイプの食事なら、管理栄養士がきちんと計算したうえで作っているので安心です。しかもそれだけでなく味やメニューも療法食とは思えないレベルの物が楽しめるということで、腎臓病の患者の間でも人気商品となっています。

使い方次第でかなり便利に

通販による腎臓病の食事療法用のメニューは、保存が可能な状態で届きます。この特徴を生かせば、普通の食事だけでなくいろいろなシーンで使うことも可能です。たとえば普段は手作り食ですませておいて、いざという時にレトルト食品として食べるのもいいはずです。他にもメニュー作りや味付けの参考資料として注文するという使い方もありでしょう。また、カロリーや塩分が手作りの物よりもより正確なので、集中的に治療したい時の食事としても役立ちます。それに注文すれば好きな場所に送れるので、遠方に住んでいる方の食事管理のために活用するというのもいいでしょう。そんなふうに使い方次第ではいろんな場面で役立つのが通販の腎臓病食の療法食です。調理の手間もいらないので、普段からいくつか用意しておくと安心でしょう。

制限するもの補うもの

男の人

腎臓病になると腎臓の負担を減らすために食事療法をとることが求められます。その食事はタンパク質やミネラルの栄養素を制限する一方で、糖質をしっかりと補う必要があります。タンパク質が体内で分解されないようにすることが大切です。

もっと読む